スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケニヤ! 1

1日目
いよいよ出発。夕方家を出て,成田で夕食。
飛行機(エミレーツ)に搭乗。ボーイング777で,席は3-4-3。狭い。窓側の3人席で,通路側は外国の人。親しげな感じだったけど,遠慮して気疲れした。機内は蒸し暑かった。寝た。エミレーツは食事がおいしいといううわさだったが,別に普通だった。
機内でいきなりポラロイド写真の撮影サービスがあった。ワールドカップが近いからのようだ。

10時間後にドバイ着。夜中の3時。東京からの時差は5時間。
トランジットは8時間近く。
ヘトヘトなので,マルハバラウンジ(1人42ドル)へ。薄暗いところでソファに丸まってちょっと横になった。疲れが少し取れた。
免税店で化粧品や香水を買う。

2日目
朝10時頃,ドバイ発。5時間かけてナイロビへ。エアバス。
ドバイからの時差は1時間。
ナイロビで出迎えてくれた人は,日本語ができる人だった。
タクシーで,ムビューリハウスというホテルへ。
ホテルは,まあ普通の清潔なビジネスホテルといった感じ。ベッドに蚊帳が吊ってあった。
2つあるベッドのうち,片方のベッドの毛布がなんか変な大きい花柄だった。そういうところ(無地のものを用意できない/しないところ)が,ケニヤっぽいのかも。
夕飯はホテル内の小さいレストランで。私は食欲がないのでスープなどのみ。夫はステーキを頼んでいた。

3日目
朝食はビュッフェ式。味は普通。朝は卵を目の前で調理するのが,ケニヤのホテルスタイルのようだ。
出発。ドライバー兼ガイドは,日本語ができて,時間に正確な人だった。
サファリカーは,トヨタのランドクルーザー。サスペンションが弱くて,すべての振動がお尻の骨に伝わって来る。キビシい。
ホテルの裏側はもう未舗装の道路。平らにならしてもいない状態。

ナイロビから,ナクル湖に移動。数百キロ。3時間くらい。
ナイロビは標高が高め。しばらく行くと,大地構帯を上から眺められる見晴らしのよい場所へ。お土産物屋とお手洗い。お土産物を少し見て,何か買おうと思い値段を聞いたら,ちょっとした木彫りの人形が40ドルだと言われた。あり得ない…。お互いに希望価格を言い合い,交渉を重ねて値段を決めるルールらしいが,めんどうなので買わなかった。値札が付いていれば,5ドルくらいのものを買ったのに。
台地を降りて,大地構帯の底へ。

途中,ナイバシャ湖に寄ってもらい,ボートで観光。ペリカンとカバがいた。(1人50ドル)。
ボートというのがほかの場所のサファリカーとは趣が違っていたし,
カバも見たかったので,よかった。

ナクル湖に到着。テントロッジ、フラミンゴヒル。
レセプションでいきなり夫が蚊に食われていて,大いに焦る。部屋に着いてすぐに蚊取り線香を炊く。
ロッジはまだ新しいらしい。プールを建設中だった。オーナーはフランス人だそう。
昼食。シチューのようなものなど。味は普通。
雨が降り出す。しかも土砂降り。「フラミンゴが見られなかったらどうしよう」とへこむが,すぐにやんだ。

ゲームサファリに出発。
シマウマやバブーンがいた。湖畔まで行くと,ピンクの帯が見えて,
…やっとフラミンゴと会えた!
近づくと逃げてしまうので,戻ってくるのをジリジリと待ちつつ,写真をパシャパシャ撮る。我々から少し離れたところにサファリカーが来たみたいで,一斉に飛び立った。羽の内側は黒い。美しい写真が撮れた。
湿地はけっこう蚊やハエがいて,気になる。もっと見ていたかったが移動。
サイや,キリンもいた。ライオンもいた。ライオンの側は,サファリカーでちょっとした渋滞に。

ロッジに戻り,夕飯。寒い。そしてお客が少ないらしく,閑散としていて寂しい。
夕飯は,普通のステーキ。夫は,ステーキ2日目。。。しかも,添えてあった唐辛子を丸ごと1つ食べてしまい,汗だくになっていた。
食事から戻ると,部屋の蚊帳が降りていた。
テントなので,隙間がたくさんあって寒い。と思っていたら,湯たんぽを持って来てくれた。
夜空を見上げたら,星が美しかったので,星の撮影にチャレンジ。しかし,ピンぼけになってしまった。ピントの合わせ方を復習しなければ。
シャワーを浴びたが,お湯は途中からぬるくなった。寒い。。。
買ったばっかりの懐中電灯をホテルに忘れてきてしまった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まめ星人

Author:まめ星人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。