スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「(株)貧民大国アメリカ」堤美果

書名は,
「アメリカという国は,少数の巨大資本家に操られてしまっている」
という意味。
このシリーズ3冊めの新書。
本書は特に,アメリカの食料品業界の問題について語られている。

となれば,モンサントな訳だ。
既にイラク,インド,アルゼンチンなどでも
モンサントの遺伝子組み換え穀物が
流通しているそう。
恐ろしいな。

遺伝子組み換え食品が悪いのではない。
ラウンドアップという超強力除草剤と
耐ラウンドアップ種(しゅ)の種(たね)のセット販売により,
その土地の農業が壊滅するというのが問題。

超富裕層の1%が99%を支配している。
アメリカは,選挙は公平に行なわれているはずなのに,
なんで99%の意思が反映されないのかというと,
1%がマスコミを押さえているから。

だとしたら,問題は「教育」だね。
そんなにテレビに影響されやすい人たちって…。

あと,この著者の旦那さんは
HIV裁判の川田龍平氏なのだそう。
どこで知り合ったのだろう,
タフでスマートなご夫婦だ。
ところで川田氏は元みんなの党の議員。
みんなの党って,けっこう新自由主義的なところがあったはずだけど…?
(まあ,夫婦であっても他人なわけだから,
思想が違ってもいいけどね)

私も毎日テレビ東京とか見ちゃって,
すっかり自由主義の脳みそになってるけど,
ときどきこういう本を読んで中庸の道を探らないといけないな,と思う。

大学生協で昨年の前半にけっこう売れていた。
優秀な若者たちに読まれているようで、よかった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まめ星人

Author:まめ星人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。