スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」村上春樹

2013年のベストセラー。
買ったよ、読んだよ。

途中まではわかりやすかった。
主人公:多崎つくる。色なし。駅を設計する仕事。
高校時代の親友4人:アカ、アオは男性。シロ、クロは女性。
大学時代の親友:灰田。夢の中で交わる。
沙羅:つくるの今の恋人。ほかの男性とも交際しているよう。

つくるは昔、高校時代の親友4人にある日突然嫌われたことがあった。
今の恋人沙羅に勧められ、1人ずつ訪ねてその理由を聞いて回ることになった。
つくるは、アカ、アオに会って、実はシロがつくるに乱暴されたとうそを言ったのが原因だと知る。
しかも、シロはその数年後殺されていた。
そして海外にいるクロに会い、
東京に戻って「沙羅は、自分ともう一人の男のどちらを選んでくれるかなー」って感じのところで
小説は終わる。

きっと何か意味を込めているんだろーなーという演出↓。
 灰田の父親の死神エピソード。
 クロは自分たちのことをシロ、クロとは言わずに、名前で呼ぶ
 (=この辺りからつくるの中で何かが変化したのでしょう)
 シロ、クロ、灰田のモノクロームトリオと、つくるの夢の中での性交。
 つくるの仕事が駅の設計。

意外と深い意味はないんだろーなーと思ったとこ↓。
 シロを殺した犯人が不明。


物語の構造はわかりやすい。
翻訳家らしい文章で、各段落の初めの1文だけを読めば、ストーリーを追うことはできるが、
比喩がくどすぎて私の好みではない。


それから、
物語の最後が終わっていないの。
明日沙羅に会えるってとこで、小説が終わってしまってて。
つくるが沙羅に選ばれるかどうかは、この物語の大切なテーマではないのだろうね。

でもさ、始めたら終わらせてほしいのね、フツーの読者としては。
読者を煙にまいている感じが、少しいらつくのよね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まめ星人

Author:まめ星人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。