スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「となり町戦争」三崎亜記

普通に暮らしていたら、となり町との戦争が始まる。
主人公の男は、偵察隊みたいなのに任命され、
ちょっとした報告だけして、
戦争しているという実感が、全然ないまま日が進む。
ある日ちょっと追われて、逃げる途中で何か荷物のような物(たぶん中身は死体)を見て、
で、数日後終戦。
というストーリー。

戦争っていっても、実感わかないよねー、っていう話。

昔読んだ「少年H」(妹尾河童)も、ちょっとそういうところがあった気がする。
実際、そうなんだろうね。
急に招集されて、あっという間に戦地に送り込まれて、アワアワする三等兵…
みたいな描写、戦争映画にもよくあるし。


微妙に地の文がもたついているうえ、
はっとするような展開がない(わざとなのだろうが)ので
面白いと感じられない。
読み終わるのに、しばらくかかった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まめ星人

Author:まめ星人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。