スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「こころ」夏目漱石

「100分de名著」というNHKの番組に影響されて、読み返してみた。
大学卒業以来だ。

それにしても、変な構成の小説だよね。
先生を主体にして読むのが一般的らしい。

上は,私から見た先生。
中は,父親と比較した先生。
下は,先生自身が語る先生。


高校生のときの教科書に下の一部が載っていた。

でもさ,普通に読み始めたら「私」が主人公だと思っちゃうよね。
私目線でこの物語を読むと,
田舎者の父親とインテリの先生を量りに掛けて,結局先生を選んじゃう
って話なんだよね。
ここを切り取れば,テーマは「青年の自我の目覚め」ってことか?

父親捨てるって、後味悪いよなー。
それに全体的にむちゃくちゃ上から目線だし。

あと,ちょっと説明し過ぎ。
先生もKも頭でっかちすぎる。
近代小説の初期の作品だから仕方ないけど。


夏目漱石,やっぱり嫌い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まめ星人

Author:まめ星人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。