スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『猫を抱いて象と泳ぐ』小川洋子

こういう寓話的な小説は、久しぶりに読んだ。
メルヘンで、新鮮。

モチーフが、チェスっていうのがね、
日本人となじみが薄いから、よけいに情緒をかもすよね。

巻末の解説が山崎努で、それもよかった。

でもまあ、正直に言っていささか退屈して、
雑に読んだ。

あの女の子、性的に陵辱されていたとしたら、かなり重い話だね。

途中、「もしかしてこの少年は実在しないのでは?」とヒヤヒヤした。
繊細ではかない小説。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まめ星人

Author:まめ星人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。