スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『桐島、部活やめるってよ』朝井リョウ

高校生の日常。桐島が部活をやめたことで,クラスのメンバーに微細な変化が起る。
桐島は出てこなくて,その周辺の5人の
自意識目一杯なモノローグがひたすら続く。

あまり面白くなかった。
こういう構成の小説の場合,
普通は最後に収束して,ダイナミックに展開すると思うし,
読みながら,当然その展開を期待しちゃうよね。
ところが,それが一切ない。
バラバラの5人を,桐島の名の下にムリヤリつないである感じ。
この5人は互いに「友達の友達」なんだけど、接点が少ないのね。

それに,5人の内面が薄すぎる。
登場人物全員(5人以外も)が,「ダサいか,ダサくないか」の価値観に縛られている。
高校生って,そんなにバカだったっけ?
華がないって,そんなにダメなことかな?

同じ学年だったら,顔と名前くらい知ってるし,
学年全員が「お友達」じゃないの?
今の高校生って違うの?


著者がこういう高校時代を過ごしたんだろーなー。
今もそういう人なのかもなー。
うっすいなー。という感じ。


ただ,10代でこれだけのものを書き上げたのはすごいと思う。
もう少し熟練した頃の作品を読みたいかも。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まめ星人

Author:まめ星人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。