スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試写会「鉄の女の涙」

マーガレット=サッチャーの映画。
主演はメリル=ストリープ。

母と2人で見に行って、母は面白かったと言っていた。

ざっくり言うと「BBC制作「知ってるつもり」サッチャー編の再現VTR」という感じ。
イギリス現代政治史をさらっとなでただけで、マーガレットの人となりは全く伝わってこない。

彼女は近年痴呆になっているようだが
その姿を「亡き夫と会話している」ものとして表現しており、
映画の3分の1くらいは、夫の幻との会話。
つまり映画の3分の1は、ぼけちゃった最近の姿、ってこと。
なんで?

メリルの演技はすばらしいけど、ストーリーはぱっとしない。

彼女の人格や政治哲学の説明はいっさいなし。
なぜ女性なのに政治家になったのか、なぜ首相になれたのか、なぜ小さな政府なのか、
とにかく、何も説明されない。
わざとなのかなー。

家庭を顧みないというエピソードはあったけど、
なぜ彼女が仕事に夢中になるのか、理由がわからないの。

メリル=ストリープがイギリスなまりの演技で、大変だったのだろうと思うが、
私は日本語人だからよくわからない。

イギリス人だったら、当時のことを思い出して、
もっと楽しめるのかもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まめ星人

Author:まめ星人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。