スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大地震の記録1

大地震14:46 地震発生。けっこう揺れた。時間も長かった。
私は会社にいた。
棚は倒れなかったが,書類が崩れた。
すぐに電話もメールもつながらなくなる。

しばらくしてとりあえず外に出ろと言われて,
道路にしばらくいるが,
その間も余震あり。

街路樹が揺れる。
電車が止まり,
15:00 社長より帰ってよいと言われる。

同僚に一緒に帰ろうと誘われたが,
地震で精神的に激しく疲労し,断ってしまう。
1人で15:40頃会社を出る。
クラッカーと水を準備し,靴を履き替え,靴下を買い,
西に向かって歩き続ける。


日が沈むと体が冷えてきた。
途中、休めそうな店を探すが見つからず,
ヘトヘトになってドトールへ。
席に着くと(18:00頃),携帯がつながり始める。

夫と父は帰宅していることがわかり,車で迎えにきてもらう。
無事帰宅。

代官山に勤務していた夫は,地震直後にタクシーを拾い,
誰よりも早く帰宅。
家は,白ワインが倒れてこぼれ,冷蔵庫の中の明太子が飛び出て異臭を放っていた。
本はもちろん雪崩。
しかし,楽器は奇跡的に無傷。

父は高田馬場から歩いて帰宅。

実家は,テレビなどは倒れていなかったが,食器が飛び出し,そこそこの被害。
棚の上の観葉植物が下に落ち,犬はおびえて3階に上がっていた。

弟の部屋は,揺れでクレセント錠がはずれ窓が開き,冷たい風が吹き込んでいた。
本が倒れて電気のスイッチを押し,明かりがついていた。

リビングの出窓は,一番外側の網戸がはずれて庭に落ちていた。
後日,サッシがゆがみ,すきまが3センチくらいできているのを発見。

母は午前中テニスに行った後,午後は友人と共に大門付近にバーゲンに行っていた。
バーゲン会場で地震に遭い,2人で励まし合いながら歩いて西へ。
中野辺りまで来たところでやっとメールがつながり,車で迎えにいく。
けっこう渋滞。

夕飯は母を迎えにいったついでに買ったケンタッキー。


テレビでは,CMなしのニュース特番が延々続く。
東北地方の海岸部を襲う津波の映像が流れ続ける。
「荒浜という地区で200~300人の溺死体発見される」というニュースが流れる。
1度目の大津波の後、警察官が巡回に行って発見し,ニュースになったのだが
津波警報が解除されないのでそれ以上の詳細が不明なままなのだ。
たった1か所で200~300人の溺死体とは。。。このニュースは,精神的ダメージ甚大。
地図で見ると荒浜は田んぼと海に挟まれた土地。
なぜそんな名前の場所を造成して家を建てるのか。

役所ごと連絡がつかない町もあるらしい。
車がミニカーのようにゴチャゴチャになって波間で渦を巻く映像や,
津波が畑をスゴい速さで襲ってきてビニールハウスが飲まれる映像などが映される。

実際の津波は,大きい波が上から来るのではなく,
水位が急上昇して陸地に浸水してくるものなのだと知った。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まめ星人

Author:まめ星人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。