スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「フェルマーの最終定理」サイモン=シン

イギリスのドキュメンタリー番組のディレクターが,
数年前にアンドリュー=ワイルズによって証明された「フェルマーの定理」について書いた本。

フェルマーの定理は,ピタゴラスの三平方の定理の応用なので,
この本は,まずピタゴラス時代の数学について語られる。
次に,証明を残さないで亡くなったフェルマーのことを説明し,
それ以降フェルマーの法則に挑戦した数学者たちの話が続く。

それは,とりもなおさず数学の歴史の一部だったりするのに,
本文はごく易しい表現で書かれており,難しい数式などは1つも出てこない。
すばらしい!

後半,日本人の2人の数学者が出てくる。
彼らのひらめき(証明できなかったので「予想」なんだけど)が,
この問題の突破口を作ったようだ。
日本人のワタクシ的には,この辺りは非常にワクワクしながら読んだ。

それから,数学の「証明」がどんなものだかよくわかった。
「0から10までが証明できたから,たぶん11の場合も大丈夫」ってのはダメなんだな。


ところで,実はこの本は夫のものだ。
アマゾンで評判なので,注文しようと思ってメモっていたら,
夫が自分の本棚からそっと持ってきた。
彼は既に購入していたんだね。
夫婦で同じものに注目していたなんて,うれしいな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まめ星人

Author:まめ星人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。