スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『悪人』

午後、時間ができたので、新宿で映画を見た。
時間ギリギリで行ったので、一番前の席だった。

主人公は、根は悪い人ではないのだが、
ちょっとしたことから殺人を犯してしまう。
その直後に出会った女性(その人もまた孤独)と
燃え上がってしまい、
自首するタイミングを逃し、ちょっと逃げてみるが、
結局捕まる。。。って話。
被害者の父親や犯人の祖母などの周辺人物が人生の落とし穴にはまる様子も
けっこう丁寧に描かれている。

役者はすばらしかった。
主人公2人はもちろん、すべての役者がよかった。

犯人は、解体工で、GTRを乗り回し、かつて母親に捨てられ、出会い系サイトを利用する。
リアルだ。

が、しかし、
軸になるストーリーが陳腐で…。
田舎の閉塞感いっぱいの人たちが、
ボタンのかけ違いから
どんどん不幸になっていく、って
映画にはよくある話。
(アメリカ映画だと、無教養で底辺近くの善良な市民が
殺人の濡れ衣を着せられ、あげく撃ち殺される、みたいな)

退屈なストーリーなのに、飽きないで最後まで見られたのは、
役者と監督がよかったのだと思う。

はっきり言ってあまりおもしろくなかった。
他人には勧められない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まめ星人

Author:まめ星人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。