スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オルセー美術館展

六本木の国立新美術館で,オルセー美術館展。
マネがたくさん来ていてよかった。
サカナとウナギの絵が,特によかった。
夫が図版を買っていたけど,実物と写真じゃ全然イメージが違うよね。

夕飯はシシリアの脇のアウトバックというステーキ屋。
いまいちだった,けど2人で9,000円くらい。
スポンサーサイト

「京都から大学を変える」松本紘

著者は京都大学の総長。
若い頃は苦労して,京都大学を卒業,
京都大学で研究を続けて,総長になったらしい。
専門は宇宙物理学。
京都大学を通じて,日本の大学をよくするためのあれやこれやが書いてある。
最近の学生は基礎学力が低くて困っているらしい。

『偉大なる,しゅららぼん』万城目学

琵琶湖から授かった力を持つ人たちの,ちょっとした騒動。

前半はよかった。
淡十郎と清子の殿様・姫様キャラがワクワクだった。
後半は力の条件がややこしくて,説明が増えちゃって,
全然…。

loveの要素が少ないのもねー。

久保田崇氏の著作を何冊も読んだ

久保田氏は陸前高田市の副市長。
元官僚。
武雄市市長とか生駒市副市長とかの仲間。

「官僚に学ぶ仕事術」
官僚の仕事が,国会議員の機嫌取りだとわかった。
くだらない。エリートが大変だなー。

「官僚に学ぶ読書術」
久保田氏の読書遍歴と感想。
元の本を読んだほうがいいと思う。

「官僚に学ぶ交渉術」
政治家とうまくやるのは大変だ。
一番大切なことは「(根回しを十分にやっておいて)交渉しないですませること」だそう。
なるほど。
付き合いは今後も続くから,
相手に恥をかかせないで終わらせる,というのも
けっこう重要だよね。


合計5〜6冊読んだけど,
6割くらいは同じ内容。
残りの3割がその本独自のタイトルにそったテーマ。

しかも,出版コンサルにプロでユースを頼んでるみたいで…。
「世の中をよくしたい→力あり(官僚),いいモノ・ネタ持ってる→版元から声がかかる」
ではないのですよ,この人は。
「力あり(官僚),いいモノ・ネタ持ってる→でも独立した(やべー,生活不安定)
→お金払ってノウハウを買って,出版社に売り込みだ(時間はお金で買うモノ。賢いでしょ,オレ)」
で売れているのです。

facebook上でのなれ合いも気持ちが悪い。
献本しまくったらしく,ありがとう書き込みであふれていた。
プロフィール

まめ星人

Author:まめ星人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。