スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」村上春樹

2013年のベストセラー。
買ったよ、読んだよ。

途中まではわかりやすかった。
主人公:多崎つくる。色なし。駅を設計する仕事。
高校時代の親友4人:アカ、アオは男性。シロ、クロは女性。
大学時代の親友:灰田。夢の中で交わる。
沙羅:つくるの今の恋人。ほかの男性とも交際しているよう。

つくるは昔、高校時代の親友4人にある日突然嫌われたことがあった。
今の恋人沙羅に勧められ、1人ずつ訪ねてその理由を聞いて回ることになった。
つくるは、アカ、アオに会って、実はシロがつくるに乱暴されたとうそを言ったのが原因だと知る。
しかも、シロはその数年後殺されていた。
そして海外にいるクロに会い、
東京に戻って「沙羅は、自分ともう一人の男のどちらを選んでくれるかなー」って感じのところで
小説は終わる。

きっと何か意味を込めているんだろーなーという演出↓。
 灰田の父親の死神エピソード。
 クロは自分たちのことをシロ、クロとは言わずに、名前で呼ぶ
 (=この辺りからつくるの中で何かが変化したのでしょう)
 シロ、クロ、灰田のモノクロームトリオと、つくるの夢の中での性交。
 つくるの仕事が駅の設計。

意外と深い意味はないんだろーなーと思ったとこ↓。
 シロを殺した犯人が不明。


物語の構造はわかりやすい。
翻訳家らしい文章で、各段落の初めの1文だけを読めば、ストーリーを追うことはできるが、
比喩がくどすぎて私の好みではない。


それから、
物語の最後が終わっていないの。
明日沙羅に会えるってとこで、小説が終わってしまってて。
つくるが沙羅に選ばれるかどうかは、この物語の大切なテーマではないのだろうね。

でもさ、始めたら終わらせてほしいのね、フツーの読者としては。
読者を煙にまいている感じが、少しいらつくのよね。
スポンサーサイト

会社の先輩のツイッター

会社の先輩(というか、わびしいおっさん)のツイッターの存在を
同僚に教えてもらってしまった。

はっきり言って、かなり不快な内容だった。
ネットスラングを操り、上から目線で断罪。
見え隠れする虚栄心。
俺って、「〇〇駅に通勤してます」「〇〇業界で働いてます」
かっこいいでしょ!?ってのが溢れ出ていた。
しかも、本名で。
業務時間中にガンガン書き込んでいた。

この人、バカなのか?


あぁ、しかし、他山の石だわ。

私もただの読者、ただの消費者なのに、
このブログに書評家気取りで感想を書き付けていたわ
(読者0だが)。

本当に反省。
まずは、人を不快にさせないこと。
不快にさせない表現を選ぶこと。

とりあえずそれが来年の抱負。

「知の逆転」吉成真由美編

現代の偉大な科学者6人へのインタビュー集。

インタビュアーが,脳科学専門の人なので,
必ず対象者に脳に関する質問をしている。
結果,テーマや主張が似通った印象になってしまうという。。。
なんだかなーという感じ。

私は最近,頭が悪くなったのかなー。
ちっとも頭に入ってこなかった。
ちょっとテーマが抽象的すぎて。。。
テーマの周辺の説明をモヤモヤとしているだけで,
ビシッと結論を言ってもらわないとね。

全体的には6人とも,
間接的に,現代アメリカのいろいろ行き過ぎたところを批判していた。
至極まともなことを言っていた。
でもさ,それって,冷静な日本人なら全員が持っている見識だ。
つまり,この本に,
新しい発見はなかった,ってことだね。


あ、あと、
先日、NHKでこの本の内容を放送していた。
全く同じ内容だった。

「となり町戦争」三崎亜記

普通に暮らしていたら、となり町との戦争が始まる。
主人公の男は、偵察隊みたいなのに任命され、
ちょっとした報告だけして、
戦争しているという実感が、全然ないまま日が進む。
ある日ちょっと追われて、逃げる途中で何か荷物のような物(たぶん中身は死体)を見て、
で、数日後終戦。
というストーリー。

戦争っていっても、実感わかないよねー、っていう話。

昔読んだ「少年H」(妹尾河童)も、ちょっとそういうところがあった気がする。
実際、そうなんだろうね。
急に招集されて、あっという間に戦地に送り込まれて、アワアワする三等兵…
みたいな描写、戦争映画にもよくあるし。


微妙に地の文がもたついているうえ、
はっとするような展開がない(わざとなのだろうが)ので
面白いと感じられない。
読み終わるのに、しばらくかかった。
プロフィール

まめ星人

Author:まめ星人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。