スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ザ・万遊記」万城目学

万城目学のエッセイ集。

有名人のエッセイ集って、実はあまり面白くないよね。

Sportivaっていう定期刊行物に旅エッセイを書いていたらしく、
大半はそれ。旅エッセイ。
あとは、「渡辺篤史の建物探訪」へのツッコミ。

暇つぶしとしても物足りず。

北朝鮮にサッカー観戦に行ったらしく、その章だけはけっこう興味深かった。
スポンサーサイト

「魔性の子」小野不由美

十二国記シリーズ外伝。
舞台はこっちの世界,主人公は教育実習生。
担当したクラスにあっちの世界の住人の高校生がいて,次々と事件を起こす。
人がものすごくたくさん死ぬ。

このシリーズ2冊目だけど、
もうしばらくはいいかな。。。

「桐島、部活辞めるってよ」映画

wowowにて。
原作より映画のほうが面白いという,めずらしい作品。

映画は,カーストよりも「夢中になれるもの」に焦点を当てており,
夢中になれるものがあるヤツはいい!って話になっている。
あと,私が好きな「同じシーンを違う視点で撮る」手法で楽しい。

ほかの人の感想を読んだところ,
桐島が最後まで出てこないとあらかじめ知っていないと,
彼がどうなるのか気になって,今ひとつ楽しめないようだ。

多くの人は映画部の監督辺りに感情移入する模様。
私は吹奏楽部のサックスの子かなー。
好きな男の子を屋上からじっと見つめて,かわいいよね。
でも客観的にみると,私は映画部のゾンビ役だったりして。。。

最近,こういう青春モノを見ては,キュンキュンになっている。
年を取ったのかなぁ。

「3月のライオン」羽海野チカ

またマンガを買った。

早くに親を亡くした高校生棋士が主人公。
将棋という特殊な仕事を通じて,
自分の居場所を見つけていく話のようだ。

この間まで通勤していた千駄ヶ谷に
将棋会館ていうのがあるのは知っていたが,
プロ棋士はそこで日常的に対局を行っていたとは知らなかった。
何人かとすれ違っていたのかもしれない。

「言の葉の庭」

ずっと見たかった「言の葉の庭」。
朝10:00から新宿で。
よかった。いい映画だった。
短いから1,000円。

主人公は高1の男の子。季節は6月。
雨の日は地下鉄に乗りたくなくって、新宿御苑でちょっとサボる。
そしたら東屋で女性に会って、顔見知りになる。
雨の日のたびに会話を重ね、だんだんと恋心が芽生える。
その女性も職場に行きたくなくってサボっているわけだ。
梅雨が明けて御苑に行かなくなった頃、
学校でその女性とばったり再会。
実は男の子の高校の古典の先生だと判明する。

お金を払ってでも、もう2回くらいは見たいかも〜。
さわやかな出会いと別れ。
「伊豆の踊り子」とか「時をかける少女」とか、ああいう感じ。

「きっと、うまくいく」インド映画

お盆休み初日。
早い時間に起きる。
午前中は洗濯、洗い物、掃除など。

午後は映画を見に新宿へ。
インド映画「きっと、うまくいく」。
一言で言うと、インドの工学大学の学生の青春もの。
序盤のつまんないネタは、ほとんどすべて終盤の伏線。
もちろん2曲ばかり歌あり踊りあり。
ちょっと長めだったけど、ノリノリでキレキレ。
インドだからか、恋愛・エロパートは弱め。
貧乏な親友の家は「昔の映画みたい」とかいって、
家族が出てくる場面は白黒。
最後、出産シーンとかあって、超絶展開。
全体的には展開が読めちゃうんだけど、
ネタの数が圧倒的で、全然退屈しない。

「ローマ法王に米を食べさせた男」高野誠鮮

すごいいい本。
全公務員,いや,全日本人が読んだほうがいい。
田舎の公務員のおじさんが,過疎の村をどうにかするために
奮闘したという話。

この人は本当に,問題の品質を見極める力を持っているし,
人を動かす方法も知っている。
ときどき法律違反してたり人としてどうかというエピソードもあるけど,
はっきりいって,結果オーライ。

それにそもそも,地の文が読みやすい。
出てくるエピソードの数も規模もものすごい。

初めの数ページに,元上司の悪口がさんざん書いてあって,
「この人,ホンネを書いてるな」って,心をがっちりつかまれた。
悪口って,責任を取れなきゃ絶対書けないしね。

実は僧侶だそうで,僧侶としてお勤めをちゃんとやっているから,
地域の人も一応話を聞いてくれたんだろうなーと思ったり。

「わかりあえないことから」平田オリザ

図書館で借りた。
平田氏は現在、大阪大学の教授をやっていて,
この本は大阪大学の生協で売れている。
15年近く前に読んだ本と同じことが
くり返し書かれているが,
改めてなかなかよい内容。

相手の背景・文脈(コンテクスト)を想像することの必要性に
改めて気づく。

戯曲を書く方法論が、
普通の人の普通のコミュニケーションに
大いに役立つのですな。
プロフィール

まめ星人

Author:まめ星人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。