スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「こころ」夏目漱石

「100分de名著」というNHKの番組に影響されて、読み返してみた。
大学卒業以来だ。

それにしても、変な構成の小説だよね。
先生を主体にして読むのが一般的らしい。

上は,私から見た先生。
中は,父親と比較した先生。
下は,先生自身が語る先生。


高校生のときの教科書に下の一部が載っていた。

でもさ,普通に読み始めたら「私」が主人公だと思っちゃうよね。
私目線でこの物語を読むと,
田舎者の父親とインテリの先生を量りに掛けて,結局先生を選んじゃう
って話なんだよね。
ここを切り取れば,テーマは「青年の自我の目覚め」ってことか?

父親捨てるって、後味悪いよなー。
それに全体的にむちゃくちゃ上から目線だし。

あと,ちょっと説明し過ぎ。
先生もKも頭でっかちすぎる。
近代小説の初期の作品だから仕方ないけど。


夏目漱石,やっぱり嫌い。
スポンサーサイト

ホテルニューオータニ

結婚記念日で,ニューオータニへ。
今年はホテルの予約が取れなかったので,宿泊せず。

午後,赤坂見附のナチュラルバランスでマッサージ。
泊まれない分贅沢して90分コース。
1人6,800円。

夜は,トレーダーヴィックスへ。
10,500円。
内容はいつもと同じ。
デザートのフォーチュンクッキーで、
「健康のために3日に1回梅干しを食べよ」と出た。

お土産は,ピエールエルメのケーキ。
4個で3,000円。

帰りはタクシーで家まで。
6,000円。


今年は2人で合計43,600円。

「下流の宴」林真理子

読みやすかった。さすがだ。

でもなー,「福原家のこと」「宮城家のこと」と1章ごとに交代で語られるんだけど,
そういう構成だったら,私的には湊かなえがベスト1なわけ。
林真理子のこの作品では,両家は同じ重さで書かれていないし,美しく対象をなしているわけでもない。

主人公が一人で「下流だなんだ」といきり立っているだけという。。。

結末は,
主人公の息子が意志薄弱で,一人で地盤沈下していく
ってだけの話だった。

しかしまあ,とにかく,読みやすくって面白かったよ。

「くまモンの秘密 地方公務員集団が起こしたサプライズ」

熊本県くまモンチームの1年間の軌跡。

第一部に関西戦略(九州の最大の客先は大阪なので),
第二部に地元熊本戦略,
第三部に県知事によるトップ戦略
が書かれている。

第一部は,熊本県職員、関西担当者のくまモン日記と言ったところ。
本書は,この人の自主制作本が発端になって制作された。
いろいろと説明不足の印象。
瑣末なエピソードの羅列。
反省もないし,結論も不明。
着地点がわからない文章を読むのって,キツいよね。
「はじめに」として,くまモンキャンペーンの概要を記しておいてほしかった。

第二部は,熊本担当者が書いたもので,ややビジネス目線の内容。
でも目新しい情報も哲学もなし。

第三部は県知事による,ご挨拶。
(蒲島郁夫知事は元政治学者)


くまモンというのは、もともと九州新感線全線開業をきっかけに
大阪から(通過駅となる)熊本に人を呼び込む
というキャンペーンのキャラクターなのね。

第一部を書いた人は,
ちょっと空回り系のウザイ人みたいだな。
でもそういう人が組織を引っ張っていくんだね。
でも,ウザイものはウザイよね。

シティボーイズ「西瓜割の棒、あなたたちの春に、桜の下ではじめる準備を」

シティボーイズ「西瓜割の棒、あなたたちの春に、桜の下ではじめる準備を」
今年はなんと,作演出が宮沢章夫なのだ。
客演はいつものいとうせいこう,中村有志。
あと,今アツい戌井昭人も(あ,あと笠木泉という女優も)。

見るしかないよねー。
普通よりも1,000円安いチケットを買ったので,今年も3階席。

シュールなネタが続く。
最近の作品は,最後に各場面、各コントをリンクさせていたけど,今回のはそれが全くなかった。
ちょっと不完全燃焼。
昭和的な笑いという気もする。

中村有志が舞台からはけられない,という演出だった。
大変そうだ。若いから体力的には大丈夫なのかも。

斉木しげるは出番が少なかった。
最近ひどかったものね。


でも面白かったです。
来年も行きますデス。

サクリファイス 近藤史恵

自転車競技(ロードレース)の小説。
前半はスポーツもので,
途中先輩が事故死して,
後半は事故はどうして起きたか,罠にはめたのは誰か
というミステリーになる。

前半はかなり面白くてスイスイ読んだ。
ロードレースはチームプレイ。
メンバー内には,勝つことにこだわりすぎる人もいたりして。
主人公は,アシストが好きなんだな。
一番になることの面倒くささみたいなのは,非常に共感できた。

後半の謎解きは,私には蛇足だったかも。

でも面白くて2日で読了。

お気に入りの作家が1人増えた。
プロフィール

まめ星人

Author:まめ星人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。