スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台北に行ってきた 1回目3日目

ランタン飛ばし弾丸ツアー、最終日。
2月25日。帰国の日。

5:30に起床。

6:30にホテルチェックアウト。
フラートンホテルは、2人2泊で8180元。1泊13,500円。お手頃価格。

6:45に松山空港着。タクシー代は155元。近いね。

7:30、松山空港発。キティちゃんジェット。ひたすら眠る。

11:15、羽田着。
疲れ果てて、羽田からは優雅にタクシーで帰宅。 10360円。
宅配便の復路も反古に。

ぐったり。
翌日から会社だ。

実は2週間後に、もう1度台北旅行に行く。。。
スポンサーサイト

平溪天燈節 2013 台北1回目の2日目

2月24日
平溪天燈節の日!

7:30、起床。歩いてフラートンホテル近くの 永和豆漿大王へ。内用。
豆漿と揚げパンと葱蛋餅。さらっとしてるけど,油っぽい。ヘルシーなのか、どうなのか?

9:30、歩いて科技大楼駅へ。そこからMRT文湖線でで動物園駅まで。動物園駅からは,カメラをぶら下げた平渓行きの人がたくさん。

シャトルバスは10:00から運行。
私たちは10:10に着いて,列に並び、 10:20にはシャトルバスに乗れた。
1時間山道をゆられて十分へ。

11:20十分着。
ランタン飛ばしは、1回につき200機揚げるのを、10回行う。
列は1〜5波と6〜10波の2つに分かれていたので、1〜5波の列に並ぶ。
12:00から発券。十分広場でチケットもらう。かろうじて5波(18:45集合)の券を入手。

イベントは十分広場で日没後の18:00から始まるので、開始までの6時間,十分を楽しむことにした。

とりあえず、十分瀑布にハイキング。川沿いの敷地が有料になっていて,のんびりした。
滝の風景を楽しんだ。

温かいものが飲みたくなって,滝の公園の外に出て、カフェでお茶。ワッフルを食べた。
線路沿いの小道を通って十分駅方面に戻る。途中、吊り橋があって、非常にビビる。ありえないほど揺れた。それなのに、みんな普通に歩いててびっくりした。

一応,十分老街も散策。激混み。
相変わらず臭豆腐にやられる。何なんだ,あの食べ物は。
線路上でもう天灯を上げている人もいた。

だんだん日が暮れてきたので、会場近くに移動。
チケットをもらわなかった人たちは、駅近くのお店などで売っている天灯を勝手に自分のタイミングで揚げていく。
だから、常にフワフワと、空にランタンが浮かんでいて幻想的。

基本的に、日本のお祭りよりも広々としている。芝生の上に敷物を広げて、屋台の焼き鳥やネギ餅を食べる。
でも、現地の人たちは、敷物を広げて地べたに座る習慣がないみたい。
敷物の人はほとんどいないけど、いす持参の人はいた。

18:00。天灯祭開催!
ステージで歌手が歌っている間に、参加者たちがランタンの準備をするという段取りだった。
毎回テーマがあって、必ず1つ大きいランタンがあった。

19:45、いよいよ5波、自分たちの番に。
会場はもともとは駐車場みたい。
前方にステージがあり、中央に係の人が整然と並んで待ち構えている。
周囲は三脚にカメラを据えたカメラマンたち。
ランタンがバーッと配られて、広げてもらった。私と夫、2人で1つのランタン。
黄緑色のランタンで、白蘭氏という会社の名前がステンシルで入っていた。スポンサーね。ま、いいけど。

マジックを渡されて、ステージでバンドが演奏している間に、お願いごとをいろいろ書く。
家族の健康とか、世界平和とか。
時間が余ったので、だんだん、お給料がよくなるようにとか、仕事がもっとできるようにとか、だんだん欲張りにいろいろ書いた。
火をつけてもらうとランタンがパンパンになった。
炎で周りがあったかく、 明るくなった。

舞台から合図らしきものがあり、手を離す。
ゆら〜、っと浮き上がる。
ゆら〜。ゆら〜。って感じ。

眺めもね、横から見るのとはずいぶん違う。
クラゲ感があるね。
参加して本当によかった〜!

担当の女の子に
「超よかったよ〜! ありがとうねー!」と日本語でまくしたて、一方的に握手をして
上機嫌で帰る。
終わったら、出口に送られる。

人並みに乗って広場を出る。
空を見上げると、老街で揚げられたランタンがポツポツと見える。
超幻想的。
余韻がいいよね。

そして、20:00。
台北行きのバスの列に並び始める。
列は座位と立位に分かれている。
ネットの事前情報では「立位でスイスイ進んだほうがよい」とあったのだが、
考えてみると、バスは立位と座位、乗車人数はほとんど同じ。
だったら、進み具合だってあまり変わらないだろうということで、座位に並び始めてしまった。

しかし、列が全く、全く、全く、進まない。
なぜなのか。
絶望的な気持ちになりつつも、足が疲れてどうしても座りたいので、座位にそのまま並び続ける。

結局2時間半並び続けてバスに乗れた。
つらかった。
ここ何年かで、一番つらい時間だった。
いつの間にか、ランタン飛ばしの10回目も終わり、イベントが終わったらしく、
アルバイトの学生たちにも追い越された。

22:30。
2時間半並んで、やっとバスに乗れる。ぐったり。

23:30。小1時間バスに揺られて、動物園駅着。

駅前でタクシーを拾い、大安駅前のフラートンホテルに戻る。

近くのセブンイレブンで軽食を買い、夕飯にする。700元。
オープンちゃん手帖やオープンちゃんマスクなども買った。

シャワーを浴びて、1:00頃、就寝。
泥のように眠る。

台北に行ってきた! 1回目

2013年2/23(土)〜25(月)で台北に行きました。


トランクは前日までに羽田に送付(往復で3,500円)。
山手線,京急線などを乗り継いで,羽田国際空港へ。

10:15、羽田着。
チェックイン後、朝食。つるとんたんのうどん。量が多くて食べきれなかった。1,900円もした。
お腹いっぱい。食べないほうがよかった。

出国手続をして,免税店へ。
シャネルのパウダーを買う。国内だと6,500円のものが5,000円。

12:15、羽田発。
機内食はほとんど食べなかった。
ゲームなど少しする。3時間半で松山空港へ。

15:00、松山着。
両替をする。30,000円が9,900元くらいに。

16:00、タクシーで台北馥敦飯店(フラートンホテル)。大安駅前のビジネスホテル。
外で太鼓の音が聞こえたので,外に出てみると,何か山車が。フロントの人に聞いたら,春節のお祭りの行列だと教えてくれた。
あー,そうか。なるほど。元宵節だからね。

悠遊CARDにチャージして、MRTで南京東路へ。momo百貨7階のトイザラスtoysrus。
パチもんのファミコン,小精霊を探す。
あまりお客はいなかった。900元くらい。
無事,購入。

天仁銘茶で東方美人を買う。お土産。200元。
コスメドをみつけて,我的美麗日記を大量購入。
のどが痛いので,のど飴も。
荷物が重たくなってきたので,一度ホテルに戻る。

おなかがすいたので、夕飯へ。

タクシーで六ざん梨の明月湯包。
それほど有名ではないらしく,タクシーの運転手さんが地図を見せても,どこだかわかってもらえない。
あきらめて、乗り換えて,2台目の運転手さんに一生懸命地図を見せて近くまで運んでもらった。
けど,離れた所に下ろされて、少し歩いた。

明月湯包は,古い本店の脇に,広くて新しい別館があって,別館のほうへ。
冷房がついていて,少し寒かった。
空芯菜,小龍包,蝦餃子などを注文。おいしかった。
おなかいっぱいになって、2人で合計700元(2,000円)。安いなー。

歩いて,臨江街夜市へ。臭豆腐のにおいにやられる。
愛玉之夢遊仙草の愛玉と仙草のデザートを食べる。しかし店が臭かった。残念。

タクシーでホテルに戻る。
疲れたので,マッサージには行かずに,早めに就寝。

フラートンホテルは、上階に大浴場とサウナがあったが,男性と女性の切り替えがよくわからないうえに,
人気がなくて危ないので行かなかった。

『中の人などいない@NHK広報のツイートはなぜユルい?』

NHKのツイッター担当者のエッセイ。

自称「天然」だそうだけど、
けっこう「したたか」、、、というか「計算づく」な一面が露になって
不快。
たぶん、相当に「タフでスマートなエリートさん」なんでしょうね。
微妙に上から目線だった。
なんかねー、謙虚さとか間違いを認める姿勢みたいなのが、見えないんだよねー。

あとがきを読んだら、
ほぼ日プロデュースだとわかって、なんか納得。

埋蔵金、発見!

「銀行の休眠口座は、早めに解約したほうがいい」という記事を読んで、
「はて、私も使っていない口座があったような」と思い、
家の書類を確認したら、
三菱東京UFJに180,000円も眠ってた!
(しかも大伝馬支店。。。)

もうね、深夜だったけど、
ネットバンキングで今活用中の口座に全額振り込んだ。
残高をゼロに。
はー、また1つ片付いてすっきりした。

なんか、ボーナス、うれしいな。

まだゆうちょ銀行のもあるけど、それは後日解約の予定。

風邪を引いた

水曜日から喉が痛くなって、この3連休はずーっと家で休養。
のどの炎症がひどくて、咳が続いた。
洟のかみすぎで、小鼻がヒリヒリ唇もガサガサ。
今回は頭痛がひどかった。

でも熱はほとんど出なかった。
信じられなくて、何度も体温を測ったけど、
平均36.6度くらい。
平熱が低いから、微熱ってところ。

病院に行ったけど、熱がないからインフルエンザじゃないそう。
(それに、予防接種してたし)


つらかった。。。
明日からは平常運転。

「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」万城目学

かのこちゃんが超超かわいかった!
小1の女の子って、天下無敵。

自分も昔はこんな子だった。
失ったものの多さを考えると、涙が出てきた。

この本は手元に残しておいて、
つらいときに読みたいと思った。

『パオロ・マッツァリーノの日本史漫談』

著者は自称イタリア人。詳細不明。
プロフィールがふざけているので、
どういう人なのか、よくわからないけど、
日本育ちのイタリア国籍の人なのかな?

卑近な風俗を社会学的に分析。

テーマは、裸とか土下座とか。

面白かった。
私は特に「謝罪会見」の考察が好き。

東京の牛車もよかった。
昔から「国内に、馬文化の地方と牛文化の地方があるようだ」と思ってたんだよね。
江戸は土が柔らかいから牛車に適していなかったみたい。
練馬に牧場があるっていうのも、気がつかなかったし。

あと、日本の牛乳は、多くが超高温殺菌だから、
臭くてまずいのだそう。
そこで、さっそくタカナシの低温殺菌牛乳を買ってみた。
ほかのよりも50円くらい高かった。

ノエビア フェイシャルエステのその後

前回、商品を15,000円以上買ったら、
エステが4回付いてきたので
毎月通っている。

50分くらい丁寧に手でマッサージしてもらって、
その後お茶をすすりながら、商品をさりげなく勧められる。

ノエビアの化粧品は、ちょっとお高め。
でも、いろいろとキャンペーンをやってて、
ポイントが付いたり、おまけがついたりする。
だから、どのサービスがいくらなのか、
非常にわかりにくくなっている。

とりあえず、平均すると、
毎月エステを1回やってもらって何かしらの化粧品を購入して、
10,000円程度の出費になっている。

む〜ん…、今までの私からするとぜいたくなんだけど、
フェイシャルエステとしては平均よりも安いみたい。


ちなみに先日、日経MJにノエビアの今後の戦略が載っていて、
ノエビアスタイルという直営店舗をいくつか出店するらしい。
客単価10,000円だそうな。
プロフィール

まめ星人

Author:まめ星人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。