スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『桐島、部活やめるってよ』朝井リョウ

高校生の日常。桐島が部活をやめたことで,クラスのメンバーに微細な変化が起る。
桐島は出てこなくて,その周辺の5人の
自意識目一杯なモノローグがひたすら続く。

あまり面白くなかった。
こういう構成の小説の場合,
普通は最後に収束して,ダイナミックに展開すると思うし,
読みながら,当然その展開を期待しちゃうよね。
ところが,それが一切ない。
バラバラの5人を,桐島の名の下にムリヤリつないである感じ。
この5人は互いに「友達の友達」なんだけど、接点が少ないのね。

それに,5人の内面が薄すぎる。
登場人物全員(5人以外も)が,「ダサいか,ダサくないか」の価値観に縛られている。
高校生って,そんなにバカだったっけ?
華がないって,そんなにダメなことかな?

同じ学年だったら,顔と名前くらい知ってるし,
学年全員が「お友達」じゃないの?
今の高校生って違うの?


著者がこういう高校時代を過ごしたんだろーなー。
今もそういう人なのかもなー。
うっすいなー。という感じ。


ただ,10代でこれだけのものを書き上げたのはすごいと思う。
もう少し熟練した頃の作品を読みたいかも。
スポンサーサイト

モンベルでダウンを買った

寒くなってきたので防寒着の買い出しに行った。
会社で足下が冷えるので、トレッキング用のスパッツやパンツを購入。
裏起毛だし、立体縫製だし、血行が悪くならなさそう。
ダウンはカーキのコートを。20,000円しなかった。
ちょっと薄いのかな。でも軽いからいいわ。

山ブランドの実力に賭ける!

『アクロイド殺人事件』アガサ=クリスティ

BBCのテレビドラマを見たので、原作も読みたくなり、
母の文庫本を貸してもらった。
活版時代の古ーい本で
紙は茶色くなっている。

叙述トリックの超有名作品。
しかも、ドラマを先に見たので、犯人やトリックを知っている。
登場人物が多い。古い本で文字も小さい。

で、後半は飽きちゃって、斜め読み。
サラーッと流して、最後の「犯人は…!」のところだけ丁寧に読んだ。

面白いもつまらないもない。
教養の一つのつもりで読んだ。
そういう作品。

試写会「人生の特等席」

クリント=イーストウッド主演。

なかなかよかった。
モチーフは,野球,弁護士,競争主義,と,ザ・アメリカの映画。

初めは「ミリオンダラーベイビー」のごとく,重苦しかったけど、
だんだんほのぼのしてきた。
終盤,「ああ,これで無難に盛り上がって終わりか」と思ったら,
もうひとひねりあってよかった。
最後はこざっぱりした感じ。

派手さはないが,バランスよく面白い。

とびだせ どうぶつの森 を買った!

夫から、3DSとセットで誕生日のプレゼントにもらった。

やり始めて4日目くらい。
家も建ったし、公共事業も始めた。

旗を変えたら、もう元に戻らなくて残念。

どこかの攻略サイトに、最初の猫との会話によって顔が変わると知って、驚き。
私のは、たぶんもっとも基本的な顔。
ペコちゃんみたい。かわいい。

キノコの家具を収集中。
今日は、キノコテレビを拾った。

『神去なあなあ日常』三浦しをん

都会出身の高校生が、神去(かむさり)という三重の山奥で、
林業の見習いをやることになった話。

基本、ライトノベル。

仕事もきつい、自然も厳しい、人間関係も狭すぎる。
主人公がこの村に居続ける動機がわからない。

片思いの女性の魅力が全然伝わってこない。

展開もわかりやすい。
すごいお祭りがクライマックス。

さらっと読めて、何も残らない小説。

試写会「ゲットバック」

面白かった。
ニコラス=ケイジ主演。

もしもルパン三世が仲間割れしたら…
って感じの映画かな。。
次元が裏切ってクラリスを誘拐したので、
藤子と協力してに助ける、みたいな。

音楽が微妙にかっこよくって、
全体的にこじゃれてた。
テンポもいいし、爆音で驚かしたりしない。

ただし、チラシの裏にストーリーが8割方書いてあって興ざめ。
プロフィール

まめ星人

Author:まめ星人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。