スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「天地明察」冲方丁

江戸時代に暦を刷新した渋川春海の話。

春海は会津藩に雇われていた碁打ちだそう。
でも算術のほうが興味があって、
お上に命じられて、
正確な緯度を測るために日本を縦断した後、
2日もずれた暦を廃止して新しい暦を導入することになる。

上巻は面白かった。
飄々、淡々。
まじめな20代の数学バカとして描かれる。

しかし、下巻では40代になり、
物事を達成するためには、政治力が必要だと悟ってくる。
途中から事実の羅列が多くなって、
人物の心の中が見えなくなってきたような気がする。
下巻はあまり感情移入できずに終わった。

秋に滝田洋二郎監督の映画が公開される。
無難に静かな泣ける作品になってそう。。
スポンサーサイト

「モダンタイムス」伊坂幸太郎

主人公がseだった。
えーと、結局何の話なのか、よくわからない。

主人公の周りでいろいろと事件が起こって
いくつかの単語を検索した人が狙われたことが判明する。
同時に、主人公の奥さんは異常なやきもちやきで、
浮気を心配し、人を雇って拷問し、主人公を半殺しにしたりする。

いろいろ調べて行くうちに、
昔あった大事件が実はねつ造だったとわかったり、
その陰になぞの資産家がいたり、カリスマ政治家がいたりする。

主人公はいろいろ被害を被るわけだが、
誰が悪人てこともない。
世の中不条理だね、って話なのか?

「ゴールデンスランバー」と対になっている作品らしい。
なるほどね。あれも、理不尽ものだった。

それでもって、「魔王」の続編らしい。
しばらく伊坂幸太郎は読まないでいいかな。。

「ネイビーシールズ」 試写会

アメリカ海軍特殊部隊の映画。
ミリオタ必見。

しかし、超怖くって、私にはいまいち。
開始10分で、目をつぶり、後はろくに見ていなかった。

現役の隊員も多数出演し、とてもリアルな内容らしい。

心が揺さぶられるようなストーリーはない。
ただ、世界の紛争地帯の生々しい内側が垣間見られる。
敵地への潜入方法とか、仲間の身元確認の方法とか。
ビンラディン暗殺は、きっとああいう感じだったんだろうね。

でも、やっぱり途中で嫌になっちゃって、
1時間ばかしで出てきちゃった。
途中、わかりやすい死亡フラッグが立ってたんだけど、
その彼が最後どうなるのか、見届けられなかった。

見ている間に、敵も味方も、いったいなんにために戦っているのかわかんなくなっちゃうのよね。
テロの要因て、たいていは麻薬~お金、または思想・宗教だね。
どっちにしても、命をかけるほどのもんか?と思うよ。

眠れない

眠れないっす。
土曜日の夜。。。

仕方がないから起きてブログを書いている。


1週間くらい前から、また顔がかゆい。
お尻の下着のゴムのところも赤くかゆくなっているので、
顔に付ける化粧水が原因というわけではなさそう。

食べ物か?
ビタミン不足か?
プロフィール

まめ星人

Author:まめ星人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。